スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
愛のシャワー
先日、人権学習会で、大阪教育大学の野口先生の講演を伺いました。
「元気の出る子育て」がテーマです。

乳児期に、安定根がしっかり育っていたら、
大きくなってキレたり荒れたりする子に育ちにくいというお話でした。

乳児期に思いっきりかわいがってもらった子は、
問題行動を起こしても立ち直りやすい。

自分は愛されている。大事にされていることを感じられる。
親の「愛のシャワー」が、必需!!であり、
たっぷり満たされることが大事と言われました。

手がかからない子だから、TVにお守りさせるなんてしないで、
親子のふれあいコミュニケーションを大事に
愛のシャワーの声えかけをしましょう。

幼児虐待等を受けると、大人は親切なものではなく恐いものだと、
子どもの中にインプットされ、自分は大事なものではないという
自己否定感が生まれます。

自分のいいところを褒めてくれる人がいると、自己肯定感が強まり
学童期になり、勉強嫌いにならない子に育つそうです。

そして、思春期には、
頭ごなしに叱ることのないよう
同行二人で。

・・・・自信・夢・希望を持った子に育てたいですね。







スポンサーサイト
【2011/06/27 12:52 】
母さんの気持ちです
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。