スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
幼児虐待
幼児虐待

児童虐待防止法の法律において保護される児童は14歳未満の者です。

度を越した体罰はトラウマとして残るので、
虐待を受けた児童の成長の過程で社会性の欠如も問題視される。

子供の救済、保護を担当するのは、児童相談所であるが、
特に緊急を要する場合は、警察がまず加害者である側から児童を引き離して
保護し、
しかる後に児童相談所に事態の収拾を預ける事もある。
しかし令状なしに強制処分を行う権限を警察に与えることは危険すぎる為、
現実的ではないようだ。


児童虐待の要因としては、

望まない出産や望まれない子供への苛立ち
配偶者の出産や子育てへの不協力や無理解に対する怒り
育児に対するストレス
再婚者の連れ子に対する嫉妬・憎悪
離婚後、新たに生計を共にする者(再婚者や「内縁の夫・妻」)との生活にとって邪魔

などが挙げられるが、これらがなくても児童虐待が起こりうる。


また、虐待を行う親の一部には、自らも虐待を受けた経験がある場合が多い。


親子連鎖を防ぎたい!



自分でも、「もしや?これって虐待かも?」と思ったら相談してみよう。

自分のまわりで、もし、「やりすぎと違うかな?危ないぞ!」と思う場面に出くわしたら相談してみよう。


全国児童相談所一覧
スポンサーサイト
【2010/04/21 09:15 】
母さんの気持ちです
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。