スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
子どものアトピー
子どものアトピーに悩んでいるお母さんから相談がありました。

「毎日、夜寝る頃になるとかゆがって、見ていていたたまれません。

 色んな方法を試しているのですが治らず、

 幼稚園のお友だちにも皮膚の違いを指摘されるようになってきました。

 親としてどうしてあげたらいいのでしょうか? 」



 こちらが少しでも参考になれば幸いです。
          
  『家族の健康を守るお母さん』

   
塩素除去のお水でアトピーが治った事例を聞いて、
我が家でもシャワーを取り替えました。 いい調子です。

我が家の長男は小さい頃、卵・牛乳・ダニでした。
私の心が神経質になりりイライラしていたのが悪影響していたように思います。
姑との葛藤をためて外界との接触を拒む心の反映が、子ども出て教えられた気がしています。
おおらかな気持になって、薬も食事も感謝で頂くように心がけて好転していきました。

親として子どもの健康を守ってあげたい気持は無限大だとお察しします。
お子さんが辛い気持を吐き出して早く快くなるといいですね。

皮膚の細胞も深呼吸していい空気を出し入れできるように、気持を急かしたり閉じ込めたりしないようにしてあげてください。

日中思い切り遊んで、食事を楽しく頂いて、お風呂で疲れを流して、
安眠できるといいね。恐怖心を取り除いてあげてくださいね。
ママも不安な気持から解放されますように!
●アトピーの人に言ってはいけない言葉
 1)かわいそう
●サプリメントでの治療
●アトピーの知識
 1)アトピーとはアレルギーの一種ですので、対象となるアレルゲン物質を最低限排除して行ったり、食生活・生活リズム・肌をどうケアしていくかをきちんと考えなければいけない。また、皮膚の表面だけでなく、体質改善して内面から整えることが重要だと思われる。
 2)治療にあたっては、個々の体質もあるので一概に「コレで絶対治る」と言う事はない。地道に辛抱強く色々試してみること。そして継続すること。
 3)医者は薬を提供しますが、薬はどちらかというと、一時的に抑制するものであって、それで治癒する物ではない。根本的には一時的に抑制している間に自宅で体質改善の努力をしなければならない。
●アトピーの原因
 1)遺伝の可能性
 2)食物によるもの(大人のアトピーも大半は食物アレルギーだそうです)血液検査もしてみるとよい。
 3)ストレスによるもの
 4)水
 5)空気
 6)栄養(2と重複していますが記述しておきます)
●ステロイドの知識
 1)ステロイド剤は皮膚内に貯まっていくのであまり良くないとのこと
 2)賛否両論だが、酷くないなら使用しない方がよい。一時的に治るが、またつけないと悪くなる。(治療と言うより一時的な抑制)
●効果的な事例
 1)早起き
 2)バランスの取れた食事
 3)1日1回は外へ出す。(平日は幼稚園があるので大丈夫ですが、土日は必ず外で一緒に遊ぶようにします)
 4)甘いもの、脂っこいものはさける
 5)腸内菌を増やし便通を良くする(便がでないと肌が荒れてしまう)
 6)ヨーグルト菌を食べる
 7)酸性の化粧品をつける
 8)解面活性剤等体に良くない物はいっさい使用しない
 9)セラミドの入ったクリーム
 10)できるだけ添加物を使用していない食べ物を
 11)石鹸はしゃぼん玉石鹸がオススメ
 12)脱ステロイド(まだ使用していませんが)で自律神経を整える生活
 13)青汁を一日一杯
 14)プロペトやワセリンで保湿
 15)石鹸は一切使わない(頭部は別として、体はシャワーのみで充分取れるとのこと)
 16)炊事に関して水道水を使用せず、ミネラルウォーターを使用する

●具体的な治癒例
 1)青汁3年間でアトピー・喘息がほぼ治癒し劇的に変わりました。
 2)緑茶風呂は息子にはとっても効いています。
 3)塩素除去装置のシャワーで良い調子。

●日常で出来る方はコレもオススメ
 1)週に1度は海水で体を洗う。海水はアトピーに良いそうです。

●参考になるサイト
 1)「家族の健康を守るお母さん」http://kazokunokenkou.seesaa.net/
   塩素除去のお水でアトピーが治った事例でシャワーを取り替えてみる


これは!と思うところがあったら参考にしてくださいね。
スポンサーサイト
【2008/06/19 08:43 】
母さんの気持ちです | コメント(0) | トラックバック(0)
<<いじめから子供を守ろう! | ホーム | 新コース案内>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yasasiimama22.blog54.fc2.com/tb.php/53-32be0817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。