スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
母から娘へ
先輩ママの子育て女の子

私の娘は、小さなころから一つのことを長時間する子でした。
小さいときは、砂場に一人でも、ずーと遊んでいましたし、
花畑にも、ほうって置くと何時間でも同じところで遊びます。
今では、空想も好きで?何枚も手紙を書いたりしています。

人の憂いのわかる優しい子に育って欲しいと思っていましたが、
幼稚園や小学校で、「○○さんはどんな友達?」と先生に聞かれる機会があり、お友達から二度とも、「○○さんは優しい」という言葉を聞き、うれしかったです。

でも、私は母と違い、娘に対して、自分の感情をずい分ぶつけてしまった
と思います

(私の母は、静かで穏やかな人でした。…母から教わったことは次ページに掲載いたします。)

娘は、主人がいっしょに過ごす時間がほとんどなく、
潜在的にかわいそうな子だと思い込み、
「かわいそうな子」に育ててしまいました


子供を信じること今は、一番大事だと感じています。

自分自身を見つめることや愛を与えることの実践をするようになってから、
気づきと日記を具体的に書いています

出来た!と思っても、また出来なくなったりの繰り返し等も
ありのまま綴っています。

私の宝物ですが、
娘がお嫁に行くときに渡したいと思っています。


娘をかわいそうに思うあまりに、
彼女を見つめないにしていたのかもしれません。

私が、心から信じたことで、彼女が変わってきて、
チックもでなくなってきたのかもしれない
と最近思います。

○○子の魂の美しさを心から信じるということを見失っていたことに
気づきました。

レポートを書くことで、両親や娘や主人に、深く感謝する時間が持てたことを
感謝します。
ありがとうございました。

                     沖縄 A.M さん

よかったら、ランキングに、1票お願いします。



FC2ブログランキング




スポンサーサイト
【2006/09/24 20:45 】
女の子の子育て | コメント(0) | トラックバック(0)
<<あなたがいてくれてよかった | ホーム | 母から娘へ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yasasiimama22.blog54.fc2.com/tb.php/30-9d06204a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。