スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
マタニティママへ
出産準備の応援のホームページです。
出産準備応援!赤ちゃんのために出来る事
出産準備


不妊症体験談はこちらをどうぞ!

「ベビーちゃん、我が家に産まれておいでね。パパもママも待っているよ。」
子どもが授かった時のイメージを描いて、ベットはどこに置こうかしら!
どんな声をかけてあやしてあげようかしら!
ベービーも、パパも、ママも、幸せになっている我が家のイメージをつくりましょ♪

「まだ?できないの?」のプレッシャーにまいっているママ
 人のせかしは気にしないで、ゆったりかまえましょ。

 仕事疲れで、子どもなんていらないと思っているパパ
 疲れをためないでね。ママを守ってあげてくださいね。

 ほしくてほしくてたまらないのにできない赤ちゃん
 
 私は、子どもは天からの授かりものだと思っています。
 肉体的につくるという表現より、授かり魂が宿る感じだと思っています。
   
 天国で、生まれてくる前に親子の約束をして、この地上で、巡り合う。
  子どもがいなくて悩む人あれば、
  子どもがいて悩む人あり、
 
  やっとの思いで、授かったからこそ味わえる喜びもある。

  私自身も、第1子(男)から、第2子(女)の間が、9年あります。
  ほしくてたまらなくても、できませんでした。
  夫婦仲よかったのに…仲良すぎたのかな?

  でも、今思えば、心の奥底では、女の子を育てる自信がない自分がいて、子どもの魂を受け入れられなかったのだと感じます。
気持ちをゆったり持って、お母さんのふくよかさを身につけ、心が少しづつ豊かになっていった時、待望の女の子から、声が心の中に届きました。
「お母さん、準備できた?私が生まれてたらお母さんのお仕事のじゃまになるかと思ってずっと待ってた。生まれてもいいの?」
「あなたを育てながらだからこそ、あなたといっしょだからこそお仕事もうんと頑張れるから、降りてきて~」
「どうぞ、よろしくお願いします。」

待ちに待ったかわいいかわいい我が子との約束をちゃんと果たして、育てさせてもらおうと思った母でした。


よかったら、ランキングに、1票お願いします。



FC2ブログランキング




スポンサーサイト
【2006/09/09 20:36 】
出産 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<母から娘へ | ホーム | ママ友達へ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yasasiimama22.blog54.fc2.com/tb.php/25-2f8ba7ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。