スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
不登校
エンゼル@ホームの会




不登校に悩む親たちには、ある共通したタイプがいくつかあるということに気付き、それを、「ライオン型の親」「羊型の親」と名付けて、みんなで対策を考えてきた内容だそうです。

この本を読みながら、親子で笑顔を取り戻して欲しいと思います。


母親塾優しいママでも相談できますので、お気軽にお問い合わせくださいね。
yasasiimama777@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
【2008/08/01 16:59 】
推薦図書 | コメント(0) | トラックバック(0)
星ふる丘
友人の発売中CDの中で、
人気の高い「星フル丘」の歌詞を紹介します。


「星フル丘」  
作詞・作曲 ウ チ ダ ト モ ヒ ロ

見上げてごらん キラキラ光る 
夜の星たち 何を話しているんだろう

パパが見つけた 星フル丘は
ずっと ママと二人だけの秘密の場所

だけどいつか キミを連れて
この丘に 来ようって決めていたんだ

忘れないでパパやママはいつも
心からキミの幸せだけを 願いながら 祈りながら
見つめているから 思い切り生きなさい
一人で淋しい夜もあるさ 孤独で悲しい夜もあるさ
いつかそんな 夜が来たら 親子でまた来よう
星フルこの丘へ

月日が流れキミもいよいよ ママになるね
怖がることは何もないよ
あれからすぐに 星フル丘は
ビルが建ってなくなってしまったけれど
あの日に見た 星は今も広い空のどこかで輝いている

忘れないでパパやママはいつも
心からキミの幸せだけを 願いながら 祈りながら
見つめているから 思い切り生きなさい
一人で淋しい夜もあるさ 孤独で悲しい夜もあるさ
いつかそんな 夜が来たら 親子で探そう
星フル あの丘を

一人で淋しい夜もあるさ 孤独で悲しい夜もあるさ
いつかそんな 夜が来たら 親子で探そう
星フル あの丘を






<コピー転載希望の方はご一報下さい>



 生まれてきてくれてありがとう!
 
続きを読む
【2007/12/21 13:58 】
推薦図書 | コメント(0) | トラックバック(0)
天使を育てる喜び
母としての幸福


~Q&A~
子どもが恵まれないのはなぜ?

つわりの理由は?

どうして、この子は、私をママに選んで生まれてきたの?

男の子の家庭と、女の子の家庭のあり方とは?

精薄児と健常児の兄弟の育て方?

子どもの魂の傾向性と、しつけ方の違いは?

      などなど…、知りたかったことがわかる!

山ほどあった今までの育児書では、だったことが、
すっきり解明しますよ。


心豊かなママになって、天使を育てる喜びを感じてくださいね。





FC2ブログランキング




続きを読む
【2007/10/16 00:37 】
推薦図書 | コメント(0) | トラックバック(0)
あなたの心を守りたい
新刊お薦め本の紹介です。

「あなたの心を守りたい」
女性医師が現場でつかんだ心の危機管理術です。


   …
目次
1:心の痛みを癒す、とっておきの習慣
2:ストレスに負けない心をつくる
3:相手との距離のとり方を知っていますか?
4:仕事から逃げたくなったときの対処法
5:よりよく生きる意外なコツ
6:死を恐れなくなるスピリチュアルな視点

・どうすれば、苦しみから脱却できるのか。
・どのような考え方をすれば、ストレスから身を守れるのか。
・どうやって世の中や他人、また自分と折り合いをつけていくのか。

 この本は、自分の心を、そして家族の心を、守っていくために役立つ
 内容になっています。

 心を見つめる時間をちょっと取ることで、
 未来がパーッと開けてくるよ。
 幸せのきっかけを手にしてくださいね。

 HP医療者のためのメンタルヘルスケア


☆母親塾優しいママの「心のサプリ」を読んでみませんか?
購入はこちら!
「心のサプリ話」テキスト1冊500円

無料メルマガ登録できます。
「プレゼントしたくなる心のサプリ話」
火曜・金曜に、携帯またはPCにメールでお届けします。




FC2ブログランキング



【2006/10/26 16:44 】
推薦図書 | コメント(0) | トラックバック(0)
天使の靴
家族との別れの時、あなたは何を伝えますか?
思いっきり泣きました。
そして、読み終わって子たちを抱きしめました。
自分が、この世を去る時が来る前に、してあげたいことがいっぱいあることに
気がつきました。



続きを読む
【2006/10/10 08:07 】
推薦図書 | コメント(0) | トラックバック(0)
あなたがいてくれてよかった
「あなたがいてくれてよかった」

秋の夜長に、心あたたまる物語をどうぞ!

涙が止まりませんでした。
いつか誰にでも訪れる
愛する人を看取るとき
その時に、後悔しない生き方がある。
それを、そっと感じさせてくれる時間でした。

そして、家族のことが愛おしくてたまらなくなりました。
ぜひ、読んでみてくださいね。この秋、お薦めの一冊です。


【2006/09/30 20:27 】
推薦図書 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。